生のり付きクロス張替えのやり方

クロス張替え・壁紙リフォームにありがちな失敗事例

クロス張替え・壁紙リフォームにありがちな失敗事例 クロス張替えや壁紙リフォームを行う際にはありがちな失敗事例について確認しておく必要があります。クロス張替えを行った後に、エアコンを買い替えたり、室内の塗装を行ってしまうと、張り替えたばかりのクロスを汚さないようにするために、業者さんに依頼すると余分に費用が掛かってしまうことがあります。クロス張替えの前に買い替えたり塗装を行うことによって、張り替える前のクロスを汚しても良いという条件で業者さんに依頼することで失敗を防ぐことができます。したがって、買い替えるのにぴったりのタイミングだといえます。また、ありがちな失敗としては、お店でクロスを選んでいる時は柄に満足していたけれど、いざ自宅に帰って張り替えてみると、部屋の間取りやインテリアとのバランスがわるくなじまないということがよくあります。失敗しないためにも、事前に写真撮影を行ってイメージしておく方法や、一度にすべての壁を張り替えるのではなく、部分ごとに張り替えていく方法が有効です。ただし、クロス張替えという作業の都合上、壁の途中で張替えをやめることはできないので、一面ずつ行う必要があります。このように、張替えを行う前に知っていることで防げることがたくさんあるのです。

生のり付きクロス張替えのやり方

生のり付きクロス張替えのやり方 壁紙が古くなってきたから張り替えたい、そう思っても業者に依頼すると高くつくしなかなか張り替えられない、と考えている方は自分でクロス張替えをすると業者に依頼するよりも安く仕上げることができます。業者はのりのないクロスに、のりを付けて張り替えていきますが、自分で行う場合は、プロの使う生のりが最初から付いているものを使うと便利です。クロス張替えの際は、家具の移動と古い壁紙を綺麗に剥がすことが大切です。下準備を十分に行っていないと、新しいクロスを綺麗に貼ることができません。古い壁紙を剥がす時は、カッターで切り込みを入れてゆっくり剥がしていきます。薄い部分なら残っても大丈夫ですが、厚みがある部分が残らないように剥がします。段差や穴が空いている場合はパテを使って埋めてから十分に乾かします。生のり付きは便利ですが、乾く前なら張りな直しが可能なものを選ぶようにします。張替えは、壁に基本線を引いて天井高を測ります。上下の切りしろを数センチ残して新しい壁紙をカットします。基本線に沿って左側を貼り付けてからバケを使って空気を抜きながら圧着していきます。壁紙は大きいため、真ん中を重心に左から右へと空気を抜いてしっかりと圧着します。余分な部分はカットして余分なのりを拭き取ります。

クロス関連の情報リンク

20年以上の経験を活かしたベテラン職人が行うクロス張り替えのサイト

クロス張替え 神奈川

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>